本文へスキップ






     NPO法人 いわきイルミネーションプロジェクトチーム



















イベント

「よつクリスマスイルミネーションズ2018」





よつクリスマス イルミネーションズ2018

 今年は、浜風きららも仲間入りし、『道の駅よつくら港』『ワンダーファーム』『浜風きらら』の3会場での開催となります。
私達は、『ワンダーファーム』『浜風きらら』2つの会場のイルミネーションを担当しました。
ワンダーファームは『トマトの国のクリスマス』をテーマとしたイルミネーションです。
浜風きららは、フタバスズキリュウ発掘50周年記念のイルミネーションです。
道の駅には大きなステンドグラスツリーが飾られるそうです。

皆様のご来場お待ちしております。


・開催日  2018.12.15(土)〜2018.12.25(月)
・点灯時間
 午後5時〜9時まで

・場  所 ワンダーファーム (福島県いわき市四倉町中島広町1)

・交通アクセス 車:常磐自動車道 いわき四倉ICから車で約3分
        電車:JR常磐線四ツ倉駅から車で約13分 


          ※期間中は四ツ倉駅〜道の駅〜浜風きらら〜ワンダーファームを結ぶ無料シャトルバス          が運行します。(土日、祝日のみ)

・お問い合わせ先 いわき市観光事業化 TEL0246-22-7477



         

「よつクリスマスイルミネーションズ2018」

 

[事業目的]

☆いわき市域北部における秋・冬イベントを実施し、新たな観光拠点として魅力の増加と集客力の向上を図る。「冬の観光スポット・四倉」を定着させる事を目的として、市内のどの地域でも実施していないクリスマスイベントを地域ブランディングに活用する。

[事業概要]

四倉地区の秋・冬における集客イベントとしてXmasイルミネーションを実施する。
50,000万球のLED電球を点灯する

[受託内容]

☆市内四倉地区の観光施設ワンダーファームの『トマトの国のクリスマス』をテーマとしたイルミネーション、浜風きららは、フタバスズキリュウ発掘50周年記念のイルミネーションを担当。
四倉の海とクリスマスの融合をテーマとしたイルミネーションの企画、デザイン、制作、設置及び会場運営を担う。

[事業の成果]

☆「トマトの国のクリスマス」イルミネーション会場の来場者数は、11日間で 8,531人となりました。

☆イルミネーション点灯期間は、ワンダーファームの物産販売やレストランの売り上げに貢献し、秋・冬の夜間の集客を狙う手段として成功に導けた。

☆様々な組織との協働で開催されたイベントであるため、当法人の今後のイベント運営のスキルアップや自主事業におけるネットワーク構築につなげることが出来た。

 [事業の今後の展望・課題]

☆当事業がワンダーファームにて継続事業の足掛かりとなることで、今後、市内観光施設との協働体制を創り上げていきたい。そのためにも、当法人の更なるスキルアップや組織強化が必要となる。

     
     



[感想]

12/15(土)〜12/25(火)にかけて、いわき市四倉町と久之浜町で『よつクリスマスイルミネーションズ』を開催しました。今年は浜風きららも含め、『道の駅よつくら港』『ワンダーファーム』『浜風きらら』の3会場での開催となり、私達は、『ワンダーファーム』『浜風きらら』2つの会場のイルミネーションを担当しました。今年はXmas時期の開催でしたので、イルミネーションもデザインを変更しXmas色を前面に出しました。
会場配置やデザインにプロのアドバイスを取り入れ、前年とは全くイメージを変えたイルミネーションを創ることが出来ました。
そのことが「映え」を意識する若い世代にも楽しんでもらえている様子が伺えました。来場者の声から、最新のイルミネーションより、ベタなイルミネーションの方が地元には望まれていると感じました。
今年の反省点としては、来場者数が去年より減少してしまったこと。開催側の予想とは裏腹に年末の忙しさや行事が重なったためで、集客には再度、開催時期の見直しが必要と感じています。